歯周病治療の内容

最近では、歯周病の治療を目的として歯医者に通院される方が多くなっています。歯周病は、自覚症状が出にくいため、病気に侵されていることに気づかず歯医者に行ったときにはすでに手遅れと言われることも多く、虫歯以上に大切な自分の歯を失ってしまう恐ろしい病気です。歯周病は、歯周組織が歯垢に含まれる細菌に感染して歯肉が腫れたり、出血したりするもので、進行すると歯が抜けてしまうものです。日本人では虫歯よりも歯周病で歯を失う人の方が多く、成人の8割は歯周病にかかっていると言われています。歯周病の原因としては、歯磨きでも落とせない歯垢や歯石が蓄積されることであり、喫煙や歯並びの悪さ、詰め物や被せ物の不適合などさまざまなものが進行を促してしまいます。

歯周病は治療にも時間がかかり、治療を始めた時点ですでに進行していると治療の甲斐もなく歯が抜けてしまうこともあります。歯周病の治療、予防ともにその基本となるのがプラークコントロールです。正しい歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを併用しながら、歯周病の原因となる歯垢の増殖を抑えることを目的としたものです。歯医者では、スケーリングなどで歯石や歯垢を除去して再び付着しづらくする治療を行います。毎日の歯磨きが予防の鍵となることは言うまでもありません。

関連HP-川崎市の歯医者・インプラントなら武蔵小杉デンタルクリニック