歯周病治療の内容

最近では、歯周病の治療を目的として歯医者に通院される方が多くなっています。歯周病は、自覚症状が出にくいため、病気に侵されていることに気づかず歯医者に行ったときにはすでに手遅れと言われることも多く、虫歯以上に大切な自分の歯を失ってしまう恐ろしい病気です。歯周病は、歯周組織が歯垢に含まれる細菌に感染して歯肉が腫れたり、出血したりするもので、進行すると歯が抜けてしまうものです。日本人では虫歯よりも歯周病で歯を失う人の方が多く、成人の8割は歯周病にかかっていると言われています。歯周病の原因としては、歯磨きでも落とせない歯垢や歯石が蓄積されることであり、喫煙や歯並びの悪さ、詰め物や被せ物の不適合などさまざまなものが進行を促してしまいます。

歯周病は治療にも時間がかかり、治療を始めた時点ですでに進行していると治療の甲斐もなく歯が抜けてしまうこともあります。歯周病の治療、予防ともにその基本となるのがプラークコントロールです。正しい歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを併用しながら、歯周病の原因となる歯垢の増殖を抑えることを目的としたものです。歯医者では、スケーリングなどで歯石や歯垢を除去して再び付着しづらくする治療を行います。毎日の歯磨きが予防の鍵となることは言うまでもありません。

関連HP-川崎市の歯医者・インプラントなら武蔵小杉デンタルクリニック

審美歯科の内容

標榜科目として看板などに表示することは認められていませんが、院内の表示やホームページには掲載することができるものに審美歯科があります。一般的に歯医者というと虫歯の治療など機能面を重視して医療行為をしますが、審美歯科の歯医者は、審美性を重視して治療を行っています。美を追究するということもあって、機能的な治療に適応となる健康保険制度の範疇ではないため、治療に保険を使うことができません。顎口腔における形態美や色彩美、機能美の調和を図ることを目的としており、保険治療では限界のある審美治療を保険外で行うものです。

虫歯の治療などで詰め物をした際に、金や銀などの金属が見えてしまってコンプレックスになるという方のために目立たない白い詰め物や被せ物にするのも審美歯科の治療のひとつです。また、白くて美しい歯に見せるために行うホワイトニングは審美歯科を訪れる多くの方が目的としている治療です。ホワイトニングは、麻酔を使って歯を削ることもなく、歯を白くします。濃度の高い過酸化水素水を主な成分とする薬剤を歯に塗布し、熱や光を当てることによって行うものです。過酸化水素水は食品添加物にも使用されるものであるため、その安全性の高さは厚生労働省にも認められています。審美歯科は、歯のエステのようなもので、高額な費用が必要となりますが、口元に自信を持ちたいという方にはおすすめです。

歯医者の診療科目

歯医者は目的に合わせてさまざまな治療を行っていますが、医療法で規定された標榜診療科目として看板などに表記できるのは、歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科の4つのみです。歯科は、主に虫歯や歯周病の治療や予防を行っており、なかにはホワイトニングや矯正などを専門にしているところもあります。これに対して、歯科口腔外科は、歯だけでなく、口腔や顎、顔面の症状まで広く扱うもので、顎関節症や口内の腫瘍の治療、歯や口、顔面などの外傷の治療なども行っています。

歯科治療のなかで、手術を伴う治療の代表的なものに親知らずの抜歯があります。通常は歯科の治療範囲内で行えるものですが、埋伏歯のようにまだ生えきっていない場合は、歯茎を切開してから抜歯してその後の傷を縫い合わせるという手術が必要となるため、歯科口腔外科を紹介されることがあります。個人開業医が歯科と歯科口腔外科を兼ねているもののほか、大学病院などで入院設備が整ったものもあります。

矯正歯科は、不正咬合や顎変形症を治療することを主な目的としており、ワイヤーなどを使って歯を正常な位置に移動させたり顎の懈怠変化を起こして機能を回復したり、審美性を高めたりします。審美目的の矯正には保険が適用されないため、費用が高くなることがあります。小児歯科は、小児を専門に担当する歯科で、成長発育に関する深い知識をもち、保護者へ歯科指導を行う必要もあります。大学病院などでは小児科と連携して治療を行うこともあります。当サイトでは、歯医者の診療科目や審美歯科の治療内容、歯周病治療などについて解説します。お役に立てれば幸いです。